新年あけましておめでとうございます。

2020年、明けましておめでとうございます。
新しい年が始まりました。

2017年10月に衆議院に送って頂き、2年3カ月。
任期4年の半分を過ぎました。

 今年は、4月に静岡の衆議院補欠選挙、6月には東京都知事選挙があります。11月にはアメリカ大統領選挙です。どこかで衆議院選挙になる可能性を考えながら、準備を進めて参りたいと思います。

 また、11月上旬には2015年に続き大阪市を廃止し4つの特別区に分割する案を問う2回目の住民投票が不可避の状況です。
政令指定都市でなくなった場合、都市計画の権限、多くの市税が府に移行されます。大阪府の中で大阪市の人口が占める割合は3割。東京都の特別区人口比7割と比較すると非常に小さいものです。結果的に大阪府の議論の中で、特別区民の声は重要視されません。
その他、特別区に移行した際の財政需要などの金額が出ておらず、比較できない状況です。形だけ東京都の真似をすれば、大阪市域に住む住民サービスが向上するわけではなく、むしろ現状より後退してしまいます。

 さらに万が一、衆議院総選挙と住民投票の投票日が重なってしまえば、住民投票のルールでは、CM無制限、投票当日の運動もOKですから、大混乱になることが予想されます。同日投票の問題点については、今後、総務省に確認をしていきたいと思います。

 大阪にとって重要な2020年が幕開けました。私もより一層頑張る所存ですので、本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

最後になりましたが、皆様にとって2020年が素晴らしい一年になりますようお祈りいたします。

【尾辻かな子通信26号】
通信26号を発行いたしました。第200回国会の報告なります。以下より全文をご覧いただけます。
通信26号:https://otsuji.club/report/pdf/otsuji_tsushin_26.pdf

「文藝春秋 2020年の論点100」 「小泉進次郎だけじゃない 注目すべき若手議員七人衆」に

現在発売中の「文藝春秋オピニオン 2020年の論点100
の中で
「小泉進次郎だけじゃない 注目すべき若手議員七人衆  田原総一朗」

若手議員七人衆の一人に選んで頂きました。

内訳は自民3人、立憲2人、国民1人、共産1人。

評価頂いたことを励みに一層頑張ります。

三ツ星議員表彰を頂きました

政策NPO万年野党 田原総一朗会長から第198国会(今年1月~6月)において三ツ星議員表彰を頂きました。
質問回数が21回、質問時間が605分、議員立法が5本。
衆議院で三ツ星議員表彰を受けた17人の1人となりました。
質問機会を頂いた同僚議員の皆さまに感謝すると共に、これからも頑張ります。

尾辻かな子とともに歩む市民のつどい 開催のご案内

 衆議院議員 尾辻かな子への平素からのご支援に感謝申し上げます。おかげさまで地元・地域の声を大切に国会での質疑をはじめ議員立法を提出するなど、皆様とともに活動させて頂いております。
 大阪市を廃止・分割する再度の住民投票が行われようとする中、「大都市制度」について改めて学び、時代にふさわしい大阪市のあり様を考える機会として講演会を開催するとともに、日頃お世話になっている皆様方との懇親を深めるために下記の通り集いを開催致します。
 皆様のお越しをお待ちしております。

●日時 2019年9月23日(月・祝日) 14:00~(受付13:00~)
   【第1部】14:00~ 講演会「大都市制度と大阪都構想」 
         講師:逢坂誠二さん
        (立憲民主党 政調会長・衆議院議員)
   【第2部】15:30~ 懇親会

●場所 シティプラザ大阪 2F 講演会「燦」~SAN~ ・
              懇親会「旬」~SYUN~
   大阪市中央区本町橋2-31

●会費 ペアチケット20,000円 

(※おひとりでの参加をご希望の方は、下記事務所までお問合せください)

●お申し込み・お問い合わせは尾辻かな子事務所
(06-6606-1225 mail@otsujioffice.net)まで。
※この催しは「尾辻かな子とともに歩む会」が主催する政治資金規正法第8条の2に規定する政治資金パーティです。

性的指向又は性自認を理由とする差別の解消等の推進に関する法律案 を提出しました

立憲、国民、無所属、共産、自由、社民の野党5党1会派は5日、「性的指向又は性自認を理由とする差別の解消等の推進に関する法律案」(通称・LGBT差別解消法案)を衆院に提出しました。私も提出者の一人になりました。早期の成立に向けて、頑張りたいと思います。

※PDFはこちらから  ↓

 [提出者]

【概要】LGBT差別解消推進法案

【要綱】LGBT差別解消推進法案

【法案】LGBT差別解消推進法案

【新旧】LGBT差別解消推進法案

 

 

第2回 国政報告会をします

第2回 国政報告会を開催致します。

とき  3月18日(日) 14時から
ところ  北鶴橋振興会館
参加費  無料
お申込みは下記ページ 

国会報告とともに対話型イベントになるよう企画中です。
お気軽にご参加ください!
また、当日のお手伝い頂けるスタッフも募集しております。

2017年を振り返る

今年も残すところあと数時間となりましたが、今年2017年を振り返ってみました。

2月 森友学園の報道。調査チームとともに何度も現地へ。
6月 加計学園 前川前事務次官の告発
共謀罪法、成立
衆議院小選挙区 区割り変更 大阪2区に生野区が加わることに
8月 民進党代表選挙 枝野幸男候補を応援
9月 堺市長選挙
10月 衆議院議員選挙で初当選

森友に始まり、6月の共謀罪の成立に終った通常国会。
都民ファースト旋風の都議会議員選挙。
8月の民進党代表選挙では、枝野幸男候補の出発式でスピーチをしました。
9月の堺市長選挙の後半に突然の解散風。
いきなりの希望の党との合流と三都物語と称した維新と希望の候補者調整による大阪の民進党予定候補者の除外。
立憲民主党の結党と怒涛の衆議院選挙と初当選。

衆議院議員として迎える初めての年越しとなりました。

1年間の様々な流れの中で、今があります。
特に枝野さんの代表選挙への私のスピーチから立憲民主党結党への流れが今年の1年を象徴していたように思いましたので、ここに再掲しておきます。
「今日、枝野幸男さんの民進党代表選挙の出発式であいさつをしてきました。
以下、私の応援スピーチの要約です。
応援スピーチを依頼されて驚きました。どうして、私なのか。
私は衆議院の予定候補者で、国会議員ではありません。議員のグループをまとめているようなリーダーでもありません。介護職員をしていた、性的マイノリティの私にスピーチの機会を頂くということは、枝野さんが目指している政治の形がはっきりしたように思いました。
それは、今まで政治に届かなかった、政治が耳を傾けてこなかった小さな声、声なき声を大事にする政治を目指すという表れではないでしょうか。
日本は、いまだに同性パートナーの法的保障がありません。G7の中で法的保障がない、ただひとつの国になりました。シングルマザーの貧困率はOECDの中で、最悪です。介護職員は低賃金のままです。ヘイトスピーチがあります。
この現状を変えることが求められており、そのリーダーには多様性の重要性を誰より理解している枝野さんが適任だと考えています。
マイノリティの声が届く社会は誰がマイノリティになっても安心できる社会です。
そんな多様性を大事にする枝野さんを応援しています。」

来年は、参加型民主主義の形を作っていく挑戦が始まります。
誰も置き去りにしない社会の実現に向けて、一歩一歩進みたいと思います。

この後、地元の神社の餅つきに行ってきます。

よいお年を!

年末年始のご案内

事務所の年末年始のご案内です。

2017年12月29日(金)~2018年1月3日(水)まで
国会事務所、大阪事務所ともお休みを頂戴いたします。

本年も大変お世話になり、ありがとうございました。
よいお年をお迎えください。

なお、尾辻本人は年末、年始と地元活動をさせて頂く予定です。