法定協議会の決定を受けて記者会見をしました

本日の法定協議会における特別区設置の議案書決定を受けて、長尾秀樹 衆議院議員、野々上愛 大阪府議会議員とともに大阪市役所で記者会見をしました。

政令市の中で最も新型コロナ感染者数が多かった大阪市は検証と今後の対策が必要です。廃業、失業、新しい生活様式の中で、熟議できる環境にありません。地元の夏祭りなども中止している状況です。拙速な住民投票ありきの進め方に反対です。政令市大阪市を活かす道を求めていきます。

第201回国会が閉会しました

本会議で議員提出法案についての質問に答弁

本日、第201回通常国会が閉会しました。国会が閉じると、法改正や新たな立法ができなくなり、新たな状況への対応が遅れることも予想されます。私たちは、新型コロナウイルス感染の状況を考えると国会延長すべきと主張し、与野党で協議した結果、閉会中も委員会を開くことを確認しました。

今国会は、衆議院に送って頂いて、3回目の通常国会であり、党の消費者部会長、厚生労働部会事務局長としてのぞみました。

2月にダイヤモンド・プリンセス号が横浜港に到着し、新型コロナウイルス感染症対策も本格化していきました。今国会を通して苦労したのは、厚労省へのヒアリングです。重要案件であればあるほど、担当省庁からのヒアリングを必要としますが、現場対応をしている厚労省の皆さんへのヒアリング負担を軽減する必要がありました。

情報を適時的確に把握することが難しい中で、その分、現場対応をして頂いている地元や自治体の声を集めながら、質疑対応しました。

今国会の法案提出数は8本(通算17本)

第201回国会 提出法案 8本

新型コロナウイルス感染対策で政府が後手にまわっている分野での立法、政府提出法案に対する対案としての提出をし、衆議院本会議場での答弁や委員会での法案趣旨説明を担わせて頂きました

子どもを支える児童扶養手当倍増法案を提出

特に、ひとり親支援については、筆頭提出者になり、結果的に不十分ながら二次補正予算で児童扶養手当にプラス5万円とさらに5万円の支給をメニューに加えることができました。

介護現場にも手当を!

厚労委員会で求めた介護職への手当も慰労金5万円という形で実現しました。介護現場へのPCR検査の実施は実現せず、引き続き求めていきます。

今国会における本会議、委員会での発言回数は15回。質問 10回、法案答弁 4回、附帯決議案朗読 1回となりました。

第201回国会 質問と答弁 15回

消費者特別委員会は、野党の次席理事として、法施行5年後見直しのはずが、改正までに14年かかった公益通報者保護法改正案の修正をしましたが、未だ課題は山積している状態であり、次回改正に向けて動き出して頂きたいと思います。

新型コロナウイルス対策による影響は、これからさらに広がることが予想されます。

感染拡大防止とともに、派遣契約の終了やパート・アルバイトなど非正規雇用の方々の解雇など労働環境の悪化も深刻化していきます。セーフティーネットの網を細かくし、冷たい制度ではなく、使える制度に変えていく努力を続けていきたいと思います。

厚生労働委員会は、7月1日に閉会中審査を行う予定です。未曾有の事態の中ですが、ウィズコロナの時代を乗り切っていけるように、皆さんと一緒に頑張っていきたいと思います。

参議院時代から現在までのLGBTの権利保障に取り組む尾辻掲載記事です。

朝日新聞 ひと 2013年5月23日
朝日新聞 ひと 2013年5月23日
日経ビジネス「日本の主役100 2014
日経ビジネス「日本の主役100 20140106
ジョン・ルース駐日アメリカ合衆国大使と
ジョン・ルース駐日アメリカ合衆国大使と  2013年6月7日アメリカ大使館主催:LGBTプライド月間レセプション
2013/6/7アメリカ大使館主催:LGBTプライド月間レセプションアメリカ大使館主催:LGBTプライド月間レセプション
2013年6月7日アメリカ大使館主催:LGBTプライド月間レセプション

ユーチューブをご覧ください
https://www.youtube.com/watch?v=ljAtX1uaWE4
朝日新聞 2017年11月25日
朝日新聞 2017年11月25日
bloomberg インタビュー2017年12月8日
bloomberg インタビュー2017年12月8日
毎日新聞 2018年1月18日
毎日新聞 2018年1月18日
NHK政治マガジン20180409
NHK政治マガジン20180409

· 「LGBTとは何ですか」同性愛の議員に聞いた」 https://www.nhk.or.jp/politics/articles/feature/3187.html
朝日新聞 2018年11月3日
朝日新聞 2018年11月3日
毎日新聞 2018年11月15日
毎日新聞 2018年11月15日
野党5党1会派がLGBT差別解消法案を衆院に提出2018年12月5日
野党5党1会派がLGBT差別解消法案を衆院に提出2018年12月5日
https://cdp-japan.jp/news/20181205_1153
東京新聞 2018年12月15日
東京新聞 2018年12月15日
毎日新聞 2018年12月17日
毎日新聞 2018年12月17日
朝日新聞 2018年12月22日
朝日新聞 2018年12月22日
発行:ポット出版  ジャスティン・リチャードソン 文, ピーター・パーネル 文, ヘンリー・コール 絵, 尾辻 かな子 訳, 前田 和男 訳
発行:ポット出版 ジャスティン・リチャードソン 文, ピーター・パーネル 文, ヘンリー・コール 絵, 尾辻 かな子 訳, 前田 和男 訳
ハフポスト 衆議院議員の尾辻かな子さんインタビュー
同性カップルが子どもを持つという選択を可能に BLOG 2018年04月26日
衆議院議員の尾辻かな子さんインタビュー 同性カップルが子どもを持つという選択を可能に  「誰も置き去りにしない社会を作るというのが私の政治信条です」https://www.huffingtonpost.jp/udagawa-shii/otsuji-kanako-20180429_a_23420765/

立憲民主党HP  尾辻かな子 衆議院議員 インタビュー
立憲民主党HP  尾辻かな子 衆議院議員 インタビュー
痛みや怒りを共有するひとたちがいること、わたしにとってはそれが希望です
INTERVIEW #13 https://cdp-japan.jp/interview/13

2020年1月24日 「結婚しなくてもいい」発言に関する衆議院議長への申し入れ書を事務総長に提出しました

20200124 事務総長手渡し文書
2020年1月25日 朝日新聞
20200125-毎日新聞.
1月24日 テレビ朝日 報道ステーション
1月24日 TBSテレビ NEWS23
1月24日 日本テレビzero
1月26日 TBSテレビ サンデーモーニング

新年あけましておめでとうございます。

2020年、明けましておめでとうございます。
新しい年が始まりました。

2017年10月に衆議院に送って頂き、2年3カ月。
任期4年の半分を過ぎました。

 今年は、4月に静岡の衆議院補欠選挙、6月には東京都知事選挙があります。11月にはアメリカ大統領選挙です。どこかで衆議院選挙になる可能性を考えながら、準備を進めて参りたいと思います。

 また、11月上旬には2015年に続き大阪市を廃止し4つの特別区に分割する案を問う2回目の住民投票が不可避の状況です。
政令指定都市でなくなった場合、都市計画の権限、多くの市税が府に移行されます。大阪府の中で大阪市の人口が占める割合は3割。東京都の特別区人口比7割と比較すると非常に小さいものです。結果的に大阪府の議論の中で、特別区民の声は重要視されません。
その他、特別区に移行した際の財政需要などの金額が出ておらず、比較できない状況です。形だけ東京都の真似をすれば、大阪市域に住む住民サービスが向上するわけではなく、むしろ現状より後退してしまいます。

 さらに万が一、衆議院総選挙と住民投票の投票日が重なってしまえば、住民投票のルールでは、CM無制限、投票当日の運動もOKですから、大混乱になることが予想されます。同日投票の問題点については、今後、総務省に確認をしていきたいと思います。

 大阪にとって重要な2020年が幕開けました。私もより一層頑張る所存ですので、本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

最後になりましたが、皆様にとって2020年が素晴らしい一年になりますようお祈りいたします。

【尾辻かな子通信26号】
通信26号を発行いたしました。第200回国会の報告なります。以下より全文をご覧いただけます。
通信26号:https://otsuji.club/report/pdf/otsuji_tsushin_26.pdf

海外における性別変更と日本の住民票などにおける性別記載

今年の3月6日に下記の記事をブログに書きました。


米国人夫が性別移行した夫婦、立ちはだかる日本の法律の壁の記事について

その後、省庁に問合せをしたところ、出入国管理庁、総務省から取り扱い通知が出ていました。

性別の変更に係る住民基本台帳法第30条の50に基づく通知等の取扱いについて(通知)総行外第3号 令和元年5月30日
性別の変更に係る在留カード記載事項変更届出の取扱いについて(通知)入管庁管第619号 令和元年5月29日
性別の変更に係る出入国在留管理庁通知等の取扱いについて(通知)入管庁管第620号 令和元年5月29日

外国人の方が本国で性別移行し、性別変更済みのパスポートで来日した場合。

出入国在留管理庁 新しいパスポートの性別記載に基づいた在留カード発行。

出入国在留管理庁長官が当該外国人住民の住所地の市区町村長に通知を行う(性別等の変更)

対象となる外国人の婚姻状況等に鑑みて、当該外国人の記載について疑義がある場合は、出入国在留管理庁に疑義照会(総行外第3号通知)

照会を受けた出入国在留管理庁においては、当該外国人に係る性別変更の効果が我が国における実体法上も生じているかについて法務省民事局に照会を行い、民事局からの回答内容を市区町村に文書により回答する

なお、この場合において、我が国において性別変更の効果が生じていないことが判明した時は、出入国在留管理庁は地方出入国在留管理官署を通じて、当該外国人の在留カードの裏面に「性別は旅券に基づき記載」と記載する

つまり、パスポート、在留カードの性別と、住民票記載の性別は場合によって違う場合が存在することになります。

このような手続きをする理由のひとつは、日本が同性婚を認めていないため、戸籍上の性別変更の要件があるためと考えられます。このようなケースは生活に支障が出るのではないでしょうか。課題として向き合う必要があります。

2019年10月11日 予算委員会

本日の予算委員会。小川淳也衆議院議員の質問の際、パネル補助をさせて頂きました。 かんぽとNHKの問題、年金の財政検証、老齢年金廃止など。年金の話はややこしいですが、できるだけわかりやすいように作られたパネルでした。財政検証の見通しの甘さなど、今後も委員会等で議論継続です。