1年目を迎えた7月26日。19人を悼んで。

7月26日は相模原の津久井やまゆり園で19人の命が奪われてから1年を
迎えました。梅田の駅前であった集会に私も参加してきました。

1年前の悲惨な事件から私たちは何を感じ、何を変えようとしてきたのか。

私はこうアピールしました。

「この世の中に、殺されてよい命はひとつもない。殺してよい命はひとつもない。この当たり前の言葉を、まだ言わねばならない世の中であることが悔しい。この間、政治は何をしてきたのか。安倍総理は結局、一度も現地に足を運んでいない。間違った優性思想に対してのメッセージを発していない。この国のリーダーがどうして何も言わないのか。1年たっても障害者を巡る状況がほとんど変わらない、被害者の19人のほとんどの方の名前が伏せられたままの世の中はおかしい。」

私は1年前の悲惨な事件を機に、施設の問題、家族の負担の問題、地域移行への課題などもっとクローズアップされ、解決に進むのではないかと感じていました。

しかし、政治は沈黙したままです。

安倍総理は、事件が起こったあと、すぐに現地に駆け付けて献花をし、
遺族や職員を慰め、日本はこのような障害者の虐殺を許さない、間違った優性思想を全面否定するメッセージを発するべきでした。

そして、地域で生きるための共生計画をたて、地域移行の受け皿となるグループホーム等の整備の推進と、その役割を担う地域移行コーディネーターの創設などを加速度的に進めるべきだったと思います。

議員の方々も、施設へ行事やお祭りのときだけに行くのではなく、通常の日に視察や訪問を通じて、現実の施設の状況を知るような取り組みが必要ではないでしょうか。先進的な場所を視察するのも大事ですが、ご自身の地元の施設の現状も同時に比較検討して頂きたいと思います。

どんな障害を持っていても、当たり前に地域で暮らし、家族は親なき後を悩まない社会を作るために、私も発信を続けます。

第2回 尾辻かな子を応援する会

7月21日に第2回「尾辻かな子を応援する会」を開催いたしました。

第一部は井手英策慶応義塾大学教授をお招きし、
『経済時代の終焉~「頼りあえる社会」を構想する』と題して
ご講演いただきました。

第二部の懇親会では、幹事長代理の福山哲郎参議院議員をはじめ
多くの皆様にお越し頂き、激励を頂戴しました。

皆様から頂いた叱咤激励を糧に、「誰も置き去りにしない」社会を目指して
より一層、頑張ってまいります。本当にありがとうございました。

通信9号、都構想特集 第2弾。

尾辻かな子通信第9号が出来ました!
いわゆる「都構想」特集第2弾です。来年秋に予定されている住民投票では、「24区のままがいい」という選択肢がない問題についてと総合区案についての特集です。
ポスティングをお手伝いして頂けるボランティアを募集中です!

共謀罪に反対する京橋緊急街宣

天王寺駅で街頭宣伝した後は、「共謀罪に反対する京橋緊急街宣」へ。
共謀罪によって自由な発言や集会が監視され容易に捜査対象になる危険性について訴えました。
加計学園の獣医学部設立に総理の意向を示す文書の報道についても、政治の私物化が進んでいる、粘り強く真相究明に取り組み、総理の説明責任を求めていくと発言しました。

岩波書店 私にとっての憲法 に執筆しました。

2017年は日本国憲法が施行されて70年を迎えます。

岩波書店より、憲法について様々なジャンルの人たちの憲法観、体験、提言等をまとめた『私にとっての憲法』が刊行されました。

53人の執筆者の中に、私も入れて頂きました。

お手に取って頂けると幸いです。

「私にとっての憲法」岩波書店
https://www.iwanami.co.jp/book/b285371.html

通信 大阪市廃止分割特別号 都構想は決着済みです

ゴールデン・ウィーク中に、尾辻かな子通信 通算8号 大阪市廃止分割特別号 のポスティングをしました。通信をブログで紹介します。

以下、一面の文章です。

もう一度32億円もかけて大阪市をつぶしますか?

まちがいなく大阪市民は「大損」します!

一昨年の住民投票で都にならない都構想は決着ずみです。

5 月の大阪府・市議会でいわゆる都構想、大阪市廃止分割の
ための法定協議会が検討されます。いわゆる都構想の不都合な
真実はたくさんあります。

・大阪都にはならないのに都構想という名称問題。
・特別という名はつくけれど、一般市以下の権限しか
ない特別区。
・ラストチャンスといいながら再度の住民投票に向
けた法定協議会。
・大阪市をなくして特別区にすれば元に戻す方
法もない片道切符。
・なにより、大阪市がなくなれば、大阪府市の
ダブルエンジンから大阪府単独エンジンに。さらに大阪市の持
つ都市計画や産業政策の権限や財源が大阪府に奪われてしま
います。

一昨年の住民投票で、反対多数になり住民の意思は示されました。

私たちがすべきことは、総合区導入や地域にあったまちづくりなど、
都市内自治と住民参加をすすめることであり、
住民不在の統治機構の変更ではありません。

私は再びの都構想に反対します。