厚生労働委員会「健康増進法の一部を改正する法律案」審議に立ちました

2018年6月13日の厚生労働委員会において、「健康増進法の一部を改正する法律案」
受動喫煙防止について質疑をしました。

受動喫煙によって1万5030人 毎年亡くなっていると推計されています。
今回の法改正は、本当に受動喫煙防止になるのかという視点で質問をしました。

喫煙禁止場所で喫煙をすれば、過料30万円ですが、保健所への通報、指導、地方裁判所への手続きなど、実効性がないのではないか。

資本金5000万円以下、面積100平方メートル以下の飲食店であれば、既存特定飲食提供施設となり、喫煙と飲食が可能になり、経過措置といいながら、いつまでかいう期限の区切りがありません。

子どもの受動喫煙対策も、具体策がありません。

抜け穴だらけになってしまった骨抜き法案ではないか、屋内全面禁煙にすべきだと
主張しました。

※詳しくは議事録をご覧ください

※配布資料はこちら

2018年6月8日 厚生労働委員会で一般質問

今日は厚生労働委員会で一般質疑。30分間質問しました。

  1. 目黒区の児童虐待について
    主任ケアマネジャーの管理者要件について
    認知症グループホームへの利用料軽減について
    保育事故防止と防止機器について
    骨太の方針2018の新たな外国人材について(時間切れで指摘のみ)

※詳しくは議事録をご覧ください

※配布資料はこちら

旅館業法 性的指向、性自認による宿泊拒否について管理要領に明記

昨年の12月1日に旅館業法改正法案の質疑において、

「同性同士のダブルベッド使用に対して宿泊を拒否してい
るホテルの実態を把握するとともに、旅館業法に違反す
る旨の通知を発出すべきではないか。」

と求めていたところ、1月31日付の「旅館業における衛生管理要領の改正について」

の発出文書の中で、

「宿泊者の性的指向、性自認を理由に宿泊を
 拒否(ダブルベッドの予約制限を含む。)することなく、
 適切に配慮すること。」

という項目が、新たに入ることになりました。

委員会質問前の担当者とのやりとりでは、この課題を認識しておられず、
先の委員会では、第5条の宿泊拒否の条項が必要ないとの議論もあり、
第5条がこうした新たな課題に対応できる条文であることへの再認識を求め、
新たな通知を委員会質疑で求めた結果であると思います。

質問の要旨はこちら→厚生労働委員会ニュース

質疑の議事録はこちらでご覧ください。
http://kokkai.ndl.go.jp/SENTAKU/syugiin/195/0097/19512010097003.pdf