12月7日 毎日新聞朝刊に掲載

先週の失踪技能実習生の聴取票の書き写し作業が毎日新聞で記事になりました。

ウェブ記事はこちらから
議員書写2900枚「審議妨害」 入管法案、その間に衆院通過 実習生資料 「平成の終わり、信じがたい」

「立憲民主党の尾辻かな子衆院議員は11月26日午後、国会内の衆院法務委員長室に並べられた聴取票をボールペンで転写した。法務省と衆院事務局の職員が見守る中、尾辻氏ら立憲5人、国民民主党2人の議員がテーブルを囲んで黙々と作業を続けた。「審議の妨害をしているとしか思えない」と尾辻氏は言う。」

 

 

失踪外国人技能実習生の聴取票転記

審議中の入管法一部改正法案に関わり、新たに追加となる特定技能資格。
技能実習制度から移行する制度となることから、現行の技能実習制度についてしっかり議論する必要があります。

なぜ、失踪が1年間に7089人、今年も半年で4279人も出るのか。

その原因を知ることができる資料の一つが失踪外国人技能実習生の聴取票です。法務省、法務委員会理事会が複写を認めず、議員が交代で転記する作業をすることになりました。法案審議の材料にさせないための時間稼ぎのためなのか。実習生の報告ベースの聴取票ですが、労基法違反を放置、容認していた事実が続々を明らかになっています。

転記作業中の私のツイートをバズフィードで取り上げて頂きました。

外国人実習生の失踪調査、2870人分を議員が手で書き写し…? その理由は

外国人受け入れ制度及び多文化共生社会のあり方に関する検討PT・視察

しげる工業株式会社で、外国人労働者の現状についてヒアリング。

太田市役所でヒアリング。外国人集住都市会議に参加している15都市のひとつ。

太田市内の農業関係の外国人労働者の状況視察

外国人受け入れ制度及び多文化共生社会のあり方に関する検討PT(プロジェクトチーム)として群馬県太田市、大泉町を視察しました。

しげる工業では、ベトナムからの技能実習生、日系ブラジル人の方を派遣として雇っておられます。ベトナム語の通訳が2人おり、マニュアルもベトナム語で作っているとのこと。

太田市役所では、時間をかけて多文化共生を進めてきたこと、日本語の苦手な児童、生徒への支援体制の話などを聞きました。全国外国人集住都市会議では、新たな外国人材の受入れについて(意見書)を内閣官房・法務省へ提出されています。

最後は、農業現場へ。インドネシアからの技能実習生がほうれん草の収穫作業。
働き手不足、家族帯同不可、期限が来たら帰国する実習制度の難しさ、昨年改正された入管法に対応するための書類準備の大変さなどをお聞きしてきました。

法務省の対応は入国管理が主であり、日本で暮らしていくための支援は自治体まかせになっているのが現状です。政府の外国人材の受け入れ・共生のための総合的対応策はいまだ取りまとめもされていません。今回の入管法改正はあまりに拙速です。