通信9号、都構想特集 第2弾。

尾辻かな子通信第9号が出来ました!
いわゆる「都構想」特集第2弾です。来年秋に予定されている住民投票では、「24区のままがいい」という選択肢がない問題についてと総合区案についての特集です。
ポスティングをお手伝いして頂けるボランティアを募集中です!

通信 大阪市廃止分割特別号 都構想は決着済みです

ゴールデン・ウィーク中に、尾辻かな子通信 通算8号 大阪市廃止分割特別号 のポスティングをしました。通信をブログで紹介します。

以下、一面の文章です。

もう一度32億円もかけて大阪市をつぶしますか?

まちがいなく大阪市民は「大損」します!

一昨年の住民投票で都にならない都構想は決着ずみです。

5 月の大阪府・市議会でいわゆる都構想、大阪市廃止分割の
ための法定協議会が検討されます。いわゆる都構想の不都合な
真実はたくさんあります。

・大阪都にはならないのに都構想という名称問題。
・特別という名はつくけれど、一般市以下の権限しか
ない特別区。
・ラストチャンスといいながら再度の住民投票に向
けた法定協議会。
・大阪市をなくして特別区にすれば元に戻す方
法もない片道切符。
・なにより、大阪市がなくなれば、大阪府市の
ダブルエンジンから大阪府単独エンジンに。さらに大阪市の持
つ都市計画や産業政策の権限や財源が大阪府に奪われてしま
います。

一昨年の住民投票で、反対多数になり住民の意思は示されました。

私たちがすべきことは、総合区導入や地域にあったまちづくりなど、
都市内自治と住民参加をすすめることであり、
住民不在の統治機構の変更ではありません。

私は再びの都構想に反対します。